Dealing with Pressure to Secure the Cloud

クラウド コンピューティングに付随するコスト削減、俊敏性、革新性の機能により、あらゆる規模の組織においてクラウド サービスの採用が急速に普及しています。同時に、クラウド環境のセキュリティ保護に関するプレッシャーが強まっており、サイバーセキュリティ チームはさまざまな状況に対応しなくてはなりません。規制上の圧力だけでなく、クラウドを保護するには、多くの場合、サイバーセキュリティに対するアプローチを大きく変更する必要が生じます。 

RSA Securityとマネージド セキュリティ サービス プロバイダであるLeidos社が、クラウド導入の時代におけるセキュリティについて説明します。Leidos社のチーフ サイバーセキュリティ アーキテクトであるChris Williams氏と、RSA NetWitness® Platformのプリンシパル プロダクト マーケティング マネージャーであるMary Roarkが、クラウドがサイバーセキュリティ プラクティスにどのような変化をもたらしているか、および今日の脅威からクラウド環境を保護するために実行できるステップについて説明します。クラウド導入の市場促進要因や、クラウド環境のセキュリティ保護に必要な能力、スキル、テクノロジー、およびプロセスについて明確に理解できます。