銀行のデジタル トランスフォーメーション:リスクが高まる中、オポチュニティを確実に追求する

デジタル トランスフォーメーションの時代が到来し、いつでもどこでも業務を遂行できる新たな手法で金融サービス業界に革命を起こしています。金融機関は、デジタル トランスフォーメーションが示すオポチュニティを追求するか、またはそれがもたらすリスクを重視するか、決断を迫られています。本書は、オポチュニティとリスクをどちらか選択するのではなく、同じコインの表と裏としてとらえる3つ目の選択肢について説明しています。その観点からすると、不正のリスクを管理する能力によって、組織はビジネス オポチュニティをつかむことができるようになります。