最適な認証

クラウドを突然採用し、モバイル デバイスの使用が急増したことで、組織の情報は、従来の境界の内と外両方のリソースとアプリケーションが散在した状態のままになります。アプリケーションと情報源ごとに固有のアクセス権が必要なので、「孤立したID」が形成され、管理はますます複雑になります。一方、ユーザーは仕事上必要なことに素早く便利にアクセスできなくなります。""RSAでは、絶えず変化する脅威に対処するために、インテリジェントでプロアクティブかつ継続的なアプローチの認証を推奨しています。このアプローチはアイデンティティ保証と呼ばれています。