Are you ready for GDPR? 5 Tips to Accelerate Your GDPR Strategy

2018年5月に発効されるGDPR(一般データ保護規則)は、世界中のデータ プライバシーおよび保護のベスト プラクティス モデルを一変させる革新的な規制になるでしょう。GDPRは指令ではなく規制であるため、全EU加盟国に一様なデータ保護法を直接課すだけでなく、EU域内居住者の個人データを扱う非EU企業にも適用されます。GDPRにより、個人のプライバシーが拡大され、この新しい法律に違反した企業を取り締まる規制機関の権限が強化されます。 

GDPRへの準備は決してたやすいタスクではありません。この規則は、保護対象の個人から何の情報を、いつ、どこで収集したか、また、その情報の処理、保存(期間を含む)、他者への送信(国境越えの有無を含む)について、正確に把握するように、組織に求めています。このことは、組織に全世界での年間売上の最大4%(または2,000万ユーロのうち、いずれか高い方)が罰金として科される可能性があるという事実と相まって、データ保護が取締役会の直接的な議題となる要因になっています。 

これは貴組織にとって何を意味しているでしょうか。GDPRへの準備を迅速に進めるためのヒントをこのオン デマンドのWebキャストでご確認ください。