Are You Ready for GDPR? 4 Key Areas for GDPR Planning

2018年5月に施行されたGDPR(一般データ保護規則)は、1995年にEUでデータ保護法が導入されて以来、最も重要な変更であり、データ プライバシーとデータ保護のベスト プラクティス モデルを根本から覆すものです。これにより、すべてのEU加盟国に単一のデータ保護法が直接適用されます。EUに居住する個人の個人情報を処理する非EU企業も対象です。GDPRは、EU居住の個人のプライバシーを強化し、この新しい法律に違反した企業を取り締まる規制機関の権限を拡大します。

GDPRへの準備は決してたやすい仕事ではありません。この規制により、組織は、処理活動の記録、説明責任の明示、発見から72時間以内の侵害の報告などの特定の要件が課されます。さらに、組織は、最大で年間世界売上の4%(または2,000万ユーロのいずれか大きいほう)の罰金を科される可能性があります。

これは貴組織にとって何を意味しているでしょうか。この対話形式のWebキャストに参加し、次のことを確認してください。 

• GDPRの概要とグローバル規模でのビジネス オペレーションへの影響 

• GDPRへの準備をするにあたって注力すべき4つの主要分野 

• GDPR 戦略を構築するための成熟度ベースのアプローチ 

スピーカー: 

RSA(EMEA)フィールドCTO、CISSP、Rashmi Knowles