4 Paths to Integrated Business Resiliency

自然災害、人的災害、サイバーに起因するシステム停止の頻度の増加、規模の拡大は、組織が脅威を適切に特定し、リスクを分析して、イベントを回避したり、イベントからリカバリしたりする計画を実行する能力を評価する要因になっています。 

組織は、ビジネス レジリエンス機能を統合することにより、より円滑で、実際的で、実用的な方法でシステム停止に対応する準備ができます。これにより、壊滅的なイベントのリスクと影響度を減らすことができます。eBookを見て、組織が統合型のビジネス レジリエンス戦略を構築する際にとるべき4つのパスをご確認ください。