IDが盗まれる。これは現実の問題です。’
なぜ、この問題が起きるのでしょうか。

外部ユーザー

まず第一に、外部のベンダー、監査人、パートナーが会社の資産にアクセスするために、そのドアをノックします。これは、IT意思決定者にとって心配の種です。

IDの孤立化

社内アプリケーション、クラウド アプリケーション、モバイル アプリケーション、それぞれに異なるアイデンティティ管理ソリューションを使用しています。可視性はなく、制御性も低い状態です。これも懸念事項です。

47%

の回答者が、「IDの孤立化」は
第2のセキュリティの懸念事項であると述べている

ユーザーは常に企業ポリシーに従うわけではなく、一部のユーザーは認証管理を「不便」と考えています。

信頼の欠如

組織は、次の問題に確実には答えられません。「本当に名乗る本人ですか。中に入れてよいのでしょうか」

今こそアクセス管理へのアプローチを見直すとき

それを「ID保証」と呼びます

「ID保証」、つまりアクセス権をユーザーに付与し、貴重な資産へのアクセスを許可するための、よりインテリジェントでストレスがない、便利で安全な方法を取り入れましょう。

RSA SecurID® Access

多要素認証を採用し、コンテキストに基づく関連データ、リスク分析を活用して、IDを検証します。

RSA SecurID Accessを使用すると、次のことが可能

柔軟で経済的&

RSAは「アクセス管理」の問題の
完全なる解決を支援します。

www.rsa.com/iam

出典:IDG Research、2016年10月