【抄訳リリース】クラウドベースの教師なし機械学習 RSA NetWitness® Detect AI

精度の高い実用的な脅威検出のための分析結果を提供

2021年3月5日

マサチューセッツ州ベドフォード- 2021年2月4日付: 大規模かつリスクに敏感な組織が信頼を寄せているRSA(@RSAsecurity)は、RSA NetWitness® Detect AIの一般提供開始を発表しました。 これはRSA NetWitnessプラットフォームによってキャプチャされたデータから、迅速な脅威検出をクラウドベースで提供する機械学習ソリューションです。

RSA NetWitness Detect AIは、行動分析にクラウドスケールの処理を適用し、教師なし機械学習を使用して、手動のチューニングなしに脅威を検出します。このまったく新しいSaaSソリューションは、RSA NetWitness Platformによってキャプチャされたデータに関する実用的な分析結果を提供し、セキュリティチームが脅威をより迅速かつ効率的に見つけ、優先順位を付け、解決できるようにします。

「セキュリティチームは、サイロ化されたIT組織、拡大する攻撃対象領域、およびますます高度化する脅威に取り組んでいます。RSA NetWitness Detect AIは、事前準備が少なく、セキュリティアナリストに即時の価値を提供し、高度なサイバー脅威の調査を迅速化し、包括的なインシデント対応をします」とRSAのセキュリティビジネスユニットの最高製品責任者であるMichael Adlerは述べています。

コモディティマルウェア、古典的な内部脅威、国家が後援するエクスプロイト、ハクティビストなど、今日行われている膨大な量の攻撃と悪意のある攻撃者は、セキュリティチームがサイバー脅威に迅速に対処することをますます困難にしています。この課題は、一貫性のないデータ形式、決定的な監視テクノロジー、およびセキュリティアナリストが仕事を遂行するために必要な可視性や分析が提供できない、ノイズの多い検出プラットフォームによって悪化することがよくあります。

RSA NetWitness Detect AIは、これらの問題に対処し、SaaSソリューションの利点を拡張します。ルール、シグネチャ、または手動分析なしで、継続的で価値の高い脅威の検出と監視を提供し、アナリストにインシデントの解決に必要なツールを提供します。大規模な組織に拡張できるこのソリューションは、RSA NetWitnessプラットフォームに簡単に統合でき、少しのリソースの追加で迅速にセットアップできます。教師なし機械学習をアクティブ化した瞬間から使用でき、攻撃ライフサイクルのすべてのステップで脅威を評価することで、よりスマートかつ正確になり、アナリストが重大なインシデントに迅速かつ効果的に優先順位を付けることができるようになります。

RSA NetWitness Detect AIは、日本を含むグローバルで提供を開始します。

 

資料一覧

RSA NetWitness Detect AI データシート
RSA NetWitness Detect AI ホワイトペーパー

 

# # #

© 2020 RSA Security LLC、その関連会社。All Rights Reserved.

RSAおよびRSAロゴ、FraudActionは米国RSA Security LLC 又はその関連会社の商標又は登録商標です。RSAの商標は、https://www.rsa.com/en-us/company/rsa-trademarks.を参照してください。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。