【抄訳リリース】RSA SecurID® AccessのFedRAMPの「In-Process」ステータスを発表

米国国勢調査局が、FedRAMP(連邦リスク管理認証プログラム)にRSAのID保証ソリューションを推挙

マサチューセッツ州ベドフォード— 2020年11月19日付 : 大規模かつリスクに敏感な組織が信頼を寄せているRSA(@RSAsecurity)は本日、世界で最も広く利用されているID保証ソリューションであるRSA SecurID Accessが、FedRAMP(米連邦リスク認可管理プログラム)の「in Process(処理中)」ステータスを取得したことを発表しました。これは、連邦機関や公共部門の組織が、クラウドを活用するためのセキュアなアクセスにRSA Cloud Authentication Serviceを役立てていただけるようになることを表しています。

「政府機関では、オンプレミスとクラウドの両方のアプリケーションを通じて職員をサポートする必要性がますます高まっており、それには認証インフラストラクチャが不可欠です。FedRAMP認証のRSAが正式なスポンサーとして機能することで、他の連邦政府機関がインフラストラクチャを最新化し、政府機関の使命を全うできるように支援したいと考えています。」米国国勢調査局 電気通信局の課長であるケニー・ハリソンは、このように述べています。

連邦政府機関は、ITインフラストラクチャの最新化により職員の業務遂行をサポートし、政府機関としての使命を確実に達成できるようにしなくてはなりません。それには、民間、国防、諜報機関、請負業者間のエコシステムで連邦政府機関業務をサポートし、信頼できる安全な認証ソリューションを用意して機密情報を保護することが重要です。

本日の発表により、クラウドファースト イニシアチブを推進する連邦政府機関および公共部門組織は、RSA のCloud Authenticationサービスのモバイルプッシュ、デバイスバイオメトリクス、FIDO、ワンタイムパスワードなどの最新の多要素認証オプションを含むソリューションのメリットや追加機能を利用できるようになります。

現在の環境で勝ち残り、進展するために、組織はクラウドアプリケーションを使用してプロセスを最適化するソリューションを求めています。 ただし、導入を成功させるには、デジタルリスクへの積極的なアプローチが必要です。 RSA SecurID Accessは、すべてのオンプレミス コンポーネントとクラウドコンポーネントを統合する独自のハイブリッドモデルにより、IDリスクを最小限に抑えます。オンプレミスのお客様のクラウド接続を、より迅速かつ簡単にします。 このアプローチは、パブリッククラウドとプライベートネットワーク全体でSaaSとレガシーアプリケーションを保護すると同時に、一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。

 「これまで何十年間にわたり、RSA SecurID AccessのオンプレミスコンポーネントであるRSA Authentication Managerは、連邦政府機関で広く展開されてきており、利用可能な最高レベルでID保証を提供しています。」とRSA Global Public SectorのVP / GMであるRob Careyは述べています。 「FedRAMP認定がIn-Processであるという本日の発表は、オンプレミスシステムからクラウドベースのITに移行を進める連邦政府機関の顧客にむけてサービスを提供するという当社の取り組みを証明しています。 彼らは、RSAは顧客の信頼とセキュリティに対する期待を真剣に受け止めており、それらをクラウドにもたらしていると確信できるでしょう。」

「In-Process」フェーズの開始日は2020年11月19日です。これよりチャネルパートナーを通じて米国政府機関が利用できるようになります。

参考情報

RSAについて

サイバーセキュリティおよびリスク管理ソリューションのリーダーであるRSAは、デジタル時代に最適なセキュリティ、リスク管理、オンライン不正防止の課題に対処するためのテクノロジーを組織に提供します。RSAソリューションは、高度な攻撃の効果的な検出、ユーザーアクセスの制御、オペレーショナルリスクやオンライン詐欺、サイバー犯罪の低減に対応するように設計されています。RSAは、世界中の何百万ものユーザーを保護し、フォーチュン500企業の90%以上の企業の成長に役立てられています。

© 2020 RSA Security LLC、その関連会社。All Rights Reserved.
RSAおよびRSAロゴは、米国RSA Security LLC 又はその関連会社の商標又は登録商標です。RSAの商標は、https://www.rsa.com/en-us/company/rsa-trademarks を参照してください。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。RSAは、本資料に記載される情報が正確であるとみなしています。この情報は予告なく変更されることがあります。