RSAセキュリティ、「RSA SecurID® Access」の最新版を発売 クラウド認証機能の導入がより簡単に、運用がより安全・安心に

2020年10月21日

RSA Security Japan 合同会社

RSA Security Japan合同会社 (本社:東京都渋谷区、執行役員社長:貴島 直也、URL:https://www.rsa.com/ja-jp 、以下 RSAセキュリティ)は、本日、認証ソリューション「RSA SecurID® Access」の最新版を発売します。最新版は、RSAクラウド認証サービスの認証機能を利用しやすくするための新機能を加え、クラウド認証サービス利用への移行における不安の解消に役立ちます。

業務アプリのクラウド移行は、パンデミックによる緊急事態宣言によってリモートアクセスのニーズが急速に高まったことを契機に、今後の働き方の多様化も見据え、最近特にその傾向が高まってきています。クラウド化やオンプレミスとクラウドが混在する環境において、セキュリティ上で重要となる認証の連携をはじめ、ログインの一元的な一括管理、ログインできない時間の解消、認証用デバイスの多様化が求められています。

そこで最新版は、このようなニーズに応えて、RSA SecurIDの認証サーバーとデバイス用エージェントソフトそれぞれに新機能を追加して、クラウド認証機能の向上を図りました。

 

●クラウド認証サービスのダウンタイムを回避する高可用性

認証サーバーの最新バージョン「RSA Authentication Manager 8.5」は、ユーザーにとって認証のインターフェースとなるクラウド認証サービス(CAS)(*1)をクラウド上に置き、ユーザー管理機能をオンプレミスで行うハイブリッド構成になりました。そのため、クラウド認証サービスへのアクセスが、ネットワークや機器の不具合などにより低速あるいは停止した場合は、自動的にオンプレミス側で認証リクエストを引き継いで多要素認証(MFA)のワンタイムパスワード認証を行います。
「RSA Authentication Manager 8.5」は、セキュア プロキシおよびフェールオーバー ノード サービスを有します。このハイブリッド構成により、認証プロセスの停止が回避され、クラウド上の業務アプリにログインできずに業務が遂行できなくなる事態は起こらず、安心してクラウド認証サービスを運用できる高い可用性が得られます。

 

●クラウド認証サービスとの連携をよりシンプルに、より速く

「RSA Authentication Manager 8.5」は、クラウドとオンプレミスのアプリケーションのログインを一元化する認証プロキシ「RSA アイデンティティルーター(IDR)」(*2)を包含し、直接CASに接続するようになりました。これにより、従来は必須であったIDR専用ハードウェアは不要となり、費用が低減でき、可用性が高まりました。今までMFAを利用できなかったネイティブ接続のVPNやWindows Agentなどのようなオンプレミスの保護リソース(*3)に対しても迅速かつ簡単にMFAを利用できるようになります。

 

●高品質な非ネットワーク接続ユーザーのオフライン認証

Microsoft Windowsデバイス向けエージェントソフトの最新バージョン「RSA MFA Agent 2.0 for Microsoft Windows」と、同じくmacOS向けの最新バージョン「RSA MFA Agent for macOS®」は、ネットワークに接続していないオフライン時でも、ユーザーがログインする際に認証を確実に行うオフライン認証を提供します。
リモートワークでは企業ネットワークに接続していない場合が多いと考えられますが、「RSA SecurID Access」ならば、そのようなオフライン状態でも、オンライン認証時と変わらない操作性と安全性で、リモート環境における厳密な本人認証と生産性の向上を実現します。

 

価格と提供について

発売日: 2020年10月21日(水)

提供形態:ソフトウェア版、ハードウェアアプライアンス版

価   格:認証サーバーの「RSA Authentication Manager」は、提供形態としてソフトウェア版、ハードウェアアプライアンス版があり、ライセンスは買取と年間ライセンス(サブスクリプション)があります。価格は提供形態、ライセンス体系、ユーザー数により異なります。

「RSA MFA Agent 2.0 for Microsoft Windows」、「RSA MFA Agent for macOS®」は無償でダウンロードできます。

 

提供について:RSAセキュリティおよびRSAセキュリティのビジネスパートナーから提供します。

*1 クラウド認証サービス(CAS)は、アクセスできるアプリケーションや、追加の認証、必要な認証方法を決定するアクセスポリシーを適用する。

*2 RSA アイデンティティルーター(IDR)は、保護されたリソースのユーザーに認証とアクセスを制御する。

*3 保護対象がRSA Authentication Managerと接続済みで構成変更が難しい既存ユーザーにおいても、RSA Authentication Manager 8.5へのアップグレードによりRSA Authentication Managerとクラウド認証サービスの設定のみで迅速かつ簡単にMFAを利用できるようになる。

 

RSA SecurID Accessについて

ハイブリッド環境に求められる強力な認証ニーズを満たし、管理を簡素化してアプリケーションの場所に関係なくユーザーに一貫したユーザーエクスペリエンスを提供する認証ソリューションです。RSA SecurIDワンタイムパスワードをはじめ、FIDO2トークン、プッシュ認証や生体認証など、最新の認証オプションに対応しています。

 

# # #

 

■RSAについて

RSAは、サイバーセキュリティとリスク管理のリーダーカンパニーとして、デジタル時代のセキュリティ対策、リスク管理、オンライン不正対策における様々な課題に最新のテクノロジーを提供します。RSAソリューションは、高度なサイバー攻撃に対する効果的な検知と対応、ユーザーアクセスの管理による不正アクセス対策をはじめとして、ビジネスリスクやオンライン不正、サイバー犯罪による被害を軽減するよう設計されています。世界中の数百万人のユーザーをサイバー攻撃から守り、Fortune 500の9割以上の企業の成長と継続的なデジタルビジネス改革に役立てられています。https://www.rsa.com/ja-jp

 

# # #

 

【本件に関するお問い合わせ先】

RSA Security Japan合同会社(RSAセキュリティ) マーケティング部
PRマネージャー 嶋宮 知子 Tel:090-7708-7522、03-6830-3234(直通)
E-mail : tomoko.shimamiya@rsa.com

 

© 2020 RSA Security LLC、その関連会社。All Rights Reserved.
RSAおよびRSAロゴは、米国RSA Security LLC 又はその関連会社の商標又は登録商標です。RSAの商標は、https://www.rsa.com/en-us/company/rsa-trademarks を参照してください。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。 

Recommended for you