【抄訳リリース】RSA、Risk & Cybersecurity Practiceを提供開始

重要な資産を保護するための総合的なサービスポートフォリオ

サンフランシスコ(RSA CONFERENCE)発, 2017年2月13日 - 

デル テクノロジーズのRSAは、ビジネス主導型セキュリティ(Business-Driven Security™)に基づいた運用を可能にする「RSA Risk & Cybersecurity Practice」の提供を開始しました。「RSA Risk & Cybersecurity Practice」は、系統的かつ継続的なアイデンティティの管理、資産の保護、サイバー攻撃の検出と対応、攻撃からの回復を可能にして事業リスクの低減を支援します。

組織がクラウドやIoT、モバイルワークといった動向に合わせてコンプライアンスに関する課題や脅威の領域における継続的な変化に対応する中、リスクとセキュリティの関係をより深く理解する必要性が高まっています。「RSA Risk & Cybersecurity Practice」では、総合的な手法や技術で強化されたサービス提供モデルで、このような要件と事業の優先事項をマッピングできるようになります。ここではリスク管理、インシデント対応、サイバー防御、アイデンティティ保証、「Threat Detection and Response」、「Advanced Cyber Defense」といった重要な実務に関するRSAの技術や専門知識を活用できます。

「サイバーセキュリティ業界は常に進化しているため、組織は侵害を防いで対応するためのサービスやツールを頻繁に見直す必要に迫られています」とRSAのグローバルサービス担当バイスプレジデントを務めるダグ・ハワードは述べています。「的を絞った新たなセキュリティサービスでは、変化するニーズに応じてサービスを柔軟に選択できるため、組織は自信を持ってサイバーセキュリティに取り組み、ビジネスを保護できるようになります。セキュリティとは、リスクの削減にあたって最も効果的かつ効率的な方法を特定するために、専門知識を活用することなのです」

「RSA Risk & Cybersecurity Practice」 の特長は以下のとおりです。

  • 実務で培われた豊富な専門知識:RSAラボで開発された革新的なツールセットを利用する650人以上のセキュリティコンサルタントによるサポートのもと、35年にわたる数千件ものプロジェクトから、セキュリティとITの共通の領域に対応した成功事例を活用できます。「RSA Risk & Cybersecurity Practice」は、「サイバーインシデント対応支援」を目的とするNational Security Cyber Assistance Programから認定を受けています。
  • 柔軟な調達モデル:管理者は定額契約、対象範囲のカスタマイズ、拡張サービスプランを活用し、より自主的に予算やスケジュールを管理できます。
  • 取り組みの加速化:コンサルティングサービスをパッケージ化し、組織的な影響の改善と迅速な価値創出を支援する、ビジネス主導の実績に焦点を置いています。
  • 専門家チーム:専任チームは、ビジネス主導型セキュリティ、RSA製品の統合、お客様やパートナーの一般的なニーズに対応するサービスソリューション、スケーラブルかつサポート可能なカスタマイズソリューション、全体的なコストを低減するための世界的なリソースの使用に焦点を置いています。

RSAの新サービスは、組織内のセキュリティギャップの特定、サイバー防御態勢の強化、成熟度とリスクの評価、ガバナンスやコンプライアンスの準拠、侵害発生時の迅速な対応の実現を支援します。組織では技術重視のソリューションに焦点が置かれ、目前の問題やリスクが見落とされることよくあります。RSAのサービスでは、侵害発生時に組織がすばやく効果的に対応できるように人、プロセス、技術を見直し、サイバーセキュリティに関するニーズを総合的に評価して問題を解決します。

「RSA Risk & Cybersecurity Practice」には専門的な4つのプラクティスがあり、世界中で利用されています。

  • RSA Risk Management Practice:組織はリスク管理プログラムに基づいて効率的にリスク管理を行い、事業リスク管理の成熟度を大幅に改善できます。証明済みの総合的なリスク管理ソリューションの効率的な活用に向け、RSA Risk Managementの専任担当者が業界に関する専門知識と成功事例を提供します。
  • RSA Identity Assurance Practice:アイデンティティはすべてのセキュリティプログラムの中核であり、脅威に最も関連する要素です。RSAのアイデンティティ専門家は、複雑なガバナンス、ライフサイクル、多要素認証に関する課題への対応のほか、脅威リスクを低減するためのアイデンティティや不正行為に関するプログラムの構築を支援します。
  • RSA Advanced Cyber Defense Practice:サイバー防御では、技術に加えて人、プロセスと経験も重要です。ここでは、体系的な防御の強化、セキュリティソリューションの統合、徹底した可視化、高度な脅威の検出、脅威の活動時間の短縮に向け、豊富な実績を持つサイバーセキュリティの専門家が、ギャップの特定、リスクの優先順位付け、実施可能なプログラムを策定します。
  • RSA Incident Response Practice:組織は侵害発生の可能性を低減するために、継続的な改善を行ってる一方で、高いリスクが潜在する現在のサイバースペースでは、侵害が発生する可能性が高い水準を維持しているため、最悪の事態に備える必要があります。サイバーセキュリティ専門家によるオンデマンドのサポートを提供するRSA Incident Response (IR) Retainer Servicesと共に、計画性の高いインシデント対応(IR)計画を活用することで、より迅速にサイバー攻撃に対応できるようになります。

さらにRSA Universityでは、セキュリティチームの業務の改善や組織のセキュリティ知識の強化を目的に、200種類にのぼるトレーニング講座を、オンラインと教室型で提供しています。

組織からの変わらぬ要望に応え、状況とリスクを重視するプランニングソリューションを拡大するための追加サービス、「RSA Incident Response (IR) Retainer Services」と「Advanced Cyber Defense Packages」は、すでに提供中です。

提供について

「RSA Incident Response (IR) Retainer Services」と、「Advanced Cyber Defense Packages」は世界で提供されています。価格は地域やお客様の要件により異なります。チャネルパートナーを通じた販売も開始される予定です。RSAは2017年初頭より、チャネルパートナーがサービスについて理解し、自社のカリキュラムやサービスに統合できるようにするためのトレーニングを提供しています。

# # #

当資料は、2017年2月13日に米国で発表されたニュースアドバイザリーの抄訳です。 
米国資料原文:https://www.rsa.com/en-us/company/news/rsa-launches-risk-cybersecurity-practice

デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズは、企業がデジタルの未来を構築してIT環境を変革し、最も重要な資産である情報を守るために不可欠なインフラストラクチャを提供する企業が融合された、他に類のない卓越した企業ファミリーです。Fortune 500にランキングされている企業の98%から消費者まで、世界180カ国のあらゆる規模の企業およびお客様を対象にデル テクノロジーズは、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なポートフォリオを提供します。

RSAについて

RSAの「ビジネス主導型セキュリティ」 ソリューションは、ビジネス コンテキストを独自の手法でセキュリティ インシデントに結び付けることで、組織によるリスク管理や重要なアセットの保護を可能にします。RSAのソリューションでは、高度な攻撃の効果的な検出と応答、ユーザー アイデンティティとアクセスの管理、ビジネス リスク、不正行為、サイバー犯罪の削減を可能にするよう設計されています。RSAは世界中のユーザーを保護しているほか、リスクの高い不安定な領域でのビジネスの成功に向け、フォーチュン 500にランキングされる90%超の企業がRSAのソリューションを利用しています。

記事についての連絡先

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 マーケティング部 PRマネージャ
嶋宮 知子 Tel:03-6830-3234(直通) E-mail: tomoko.shimamiya@rsa.com

共同PR株式会社 
小野、児玉 TEL 03-3571-5176 E-mail : rsapr@kyodo-pr.co.jp

# # #

© Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。