【抄訳リリース】RSA、多様なデジタルチャネルにおけるリスクに対抗するため、一元型の管理機能に不正保護機能を統合

不正リスクの包括的な評価を提供し、不正行為に遅れを取らずに行動を起こすことが可能になった新しいRSA® Fraud & Risk Intelligence Suite

サンフランシスコ(RSA CONFERENCE)発, 2017年2月13日 - 

デル テクノロジーズのRSAは、デジタル環境における不正行為の検知と調査機能が向上する一元型のプラットフォーム「RSA Fraud & Risk Intelligence Suite」の最新版を発表しました。この新しいプラットフォームは、組織内外のリソースからの情報や、不正防止ツールからの追加情報を活用し、標的型サイバー攻撃からお客様を効果的に保護するよう設計されています。

Javelin Strategy & Research社のリサーチディレクターでFraud & Security部門を率いるアル・パスクアル氏は、次のように述べています。「オンライン詐欺師は常にチャンスを窺っています。組織とその顧客から情報を盗むために、あらゆるチャネルを利用します。彼らは管理が弱いチャネルにつけ込み、そうした弱い部分を巧みに見つけるようになっています。これが、アカウント乗っ取りを原因とする損失が昨年以降、6割以上も増加した理由です。組織は、どのチャネルにおいてもよりスマートに情報を管理する必要があります。つまり、包括的なインテリジェンスや、ビジネスを展開している各チャネルで効果的に動作するよう設計されたソリューションが必要なのです。」

RSAのビジネス主導型セキュリティ(Business-Driven Security™)は、総合的かつ迅速にセキュリティインシデントをビジネスコンテキストと結び付け、組織の効果的な対応、最重要資産の保護を支援します。「RSA Fraud & Risk Intelligence」プラットフォームは、デジタル戦略の変革に伴い、組織が直面する課題の多くに対処するよう構築されています。消費者は新たな方法で、新たなチャネルを介して取引を行うようになっているため、ユーザーエクスペリエンスに影響を及ぼさずにセキュリティおよび不正管理を行う優れた能力が必要となります。

このプラットフォームにより、企業はオンライン不正の検知や調査機能を高めると同時に、セキュリティと利便性のバランスを取ることができるようになります。特長は以下のとおりです。

  • 一元型の不正管理: Webセッション、モバイルセッションにおける可視性が向上し、他の不正防止ツールから得られた情報を活用し、不正インシデントをより迅速に調査できるようになります。
  • 不正検知機能の向上: 組織内外の情報源をリスクアセスメントに関連付けられるため、不正検知機能が向上すると同時に、消費者が取引を行っている際の中断を最小限に抑えます。
  • モバイルユーザー体験の向上: モバイルチャネルからのお客様の保護を最適化し、指紋や目を使った生体認証や、トランザクション署名などの強力な認証オプションを幅広く提供することで、ハイリスクなモバイル取引を保護することが可能です。

今回の機能拡張により、現在のモバイルやWebをはじめとする様々なチャネルでの不正な事象に対する可視性が拡張します。他の不正防止ツールからの情報を有効化することで、「RSA Fraud and Risk Intelligence Suit」は組織がこれまでの投資を活用し、リスクに関するより良い意思決定を助け、高度に巧妙な不正攻撃に対応できるように設計されています。

「RSA Fraud & Risk Intelligence Suite」のジェネラルマネージャーであるシャイ・コーエンは、次のように述べています。「組織は複数のデジタルチャネルプラットフォームを介し、お客様とより直接的にやり取りするようになっているため、お客様を保護する方法にも変化が必要です。カスタマーエクスペリエンスは重要ですが、消費者は安心してネットでの購入や送金、医療記録を確認できることを当然と考えています。オンライン不正の脅威は、頻度、影響度ともに高まっており、組織は可視性を向上させ、不正防止の取り組みに対する管理を強化する必要があります。本日発表した機能拡張により、RSA Fraud & Risk Intelligence Suiteは業界で最も総合的な不正管理機能を提供します。

 

# # #

当資料は、2017年2月13日に米国で発表されたニュースアドバイザリーの抄訳です。 
米国資料原文:https://www.rsa.com/en-us/company/news/rsa-unifies-fraud-protection-with-centralized-control-to-combat-risks-across-digital-channels

デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズは、企業がデジタルの未来を構築してIT環境を変革し、最も重要な資産である情報を守るために不可欠なインフラストラクチャを提供する企業が融合された、他に類のない卓越した企業ファミリーです。Fortune 500にランキングされている企業の98%から消費者まで、世界180カ国のあらゆる規模の企業およびお客様を対象にデル テクノロジーズは、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なポートフォリオを提供します。

RSAについて

RSAの「ビジネス主導型セキュリティ」 ソリューションは、ビジネス コンテキストを独自の手法でセキュリティ インシデントに結び付けることで、組織によるリスク管理や重要なアセットの保護を可能にします。RSAのソリューションでは、高度な攻撃の効果的な検出と応答、ユーザー アイデンティティとアクセスの管理、ビジネス リスク、不正行為、サイバー犯罪の削減を可能にするよう設計されています。RSAは世界中のユーザーを保護しているほか、リスクの高い不安定な領域でのビジネスの成功に向け、フォーチュン 500にランキングされる90%超の企業がRSAのソリューションを利用しています。

# # #

記事についての連絡先

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 マーケティング部 PRマネージャ
嶋宮 知子 Tel:03-6830-3234(直通) E-mail: tomoko.shimamiya@rsa.com

共同PR株式会社 
小野、児玉 TEL 03-3571-5176 E-mail : rsapr@kyodo-pr.co.jp

# # #

© Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。