【抄訳リリース】RSA Archer® Ignition Programによってビジネスリスクマネジメント戦略を加速化

効率的かつ効果的なビジネスリスクマネジメント戦略の実現に向けた企業向けリスク管理のバンドルキット

サンフランシスコ(RSA CONFERENCE)発, 2017年2月13日 - 

デルテクノロジーズのRSAは、リスク管理プログラムの導入を支援する「RSA Archer Ignition Program」 を発表しました。「RSA Archer Ignition Program」には、ユースケース(目的別のライセンスパーツ)、全社的リスク管理の迅速な立ち上げサービス、ならびに教育サービスが含まれています。「RSA Archer Ignition Program」は、基本的なコンポーネントの実装を、従来よりも効率的に実施できるように設計されているため、リスクやコンプライアンスおよびセキュリティ管理責任者または担当者は、戦略的なビジネスリスク管理を行うことが可能となります。

「RSA Archer Ignition Program」は、次のような課題に対応するために設計されています。

  • リスク管理の実践が十分に確立されていない、または停滞している企業が、明確なルールや戦略を確立すること
  • リスク管理部門のリーダーが、組織に対して真の価値を提供する、費用対効果に優れた効率的なプロセス、つまり「短期間での成功」の達成を助け、取締役会や経営幹部に対し、幅広いリスク管理戦略が行われていること
  • 組織のリスク管理プログラムに対し、ビジネスニーズやビジネスリスクに基づいて、高度化させるための基盤を提供。例えば、より多くの意思決定者や、ビジネス管理ツール、様々なレベルの自動化機能を総合的なプログラムに統合するために、組織ができる手順を示すことなど

Seek UnlimitedでグループITリスクマネージャーを務めるベン アガー氏は、次のように述べています。「このプラットフォームのすばらしいところは、迅速な意思決定を行う必要がある特定リスクの詳細を表示できるところです。RSA Archerソリューションは、とても容易に保守や急な変更ができるので、意見を聞いて対応することができます。スピードと俊敏性という私たちの企業文化と合致しているのです」

多くの組織が現在導入しているリスク管理の仕組みは、十分に確立されていないか停滞している、あるいは効果がないという状態です。その結果、リスクやセキュリティの担当チームは、データやプロセス、レポート作成で手一杯です。ビジネスが直面している増大するリスクに対し、テクノロジーを最大限に生かした対応ができていません。企業はビジネスリスクの対応に苦労し、成長のチャンスを十分に活かす準備ができず、リスク管理への投資から具体的なビジネスバリューを示すことができていません。

RSA Archer担当バイスプレジデントのデヴィッド ウォルターは、次のように述べています。「ビジネスリスク管理プログラムが十分に確立されていない企業には、まずしっかりとしたリスク管理基盤の構築を行い、長期的な成功につなげることが必要です。RSA Archer Ignition Programは、ビジネス主導型アプローチに基づいて、即効性を示しながら、プログラムを加速させるために必要なツールを提供するよう設計されています」

「RSA Archer Ignition Program」には下記のユースケースが含まれ、ビジネスリスク管理を成功させる上で必要な4つの要素を提供します。

  • RSA Archer イシュー(課題・問題)管理 – ガバナンス、リスク&コンプライアンス(GRC)プログラムの基礎を構築し、監査やリスク、コンプライアンスなど、複数グループから生み出される課題を管理します。
  • RSA Archer ビジネスインパクト分析– ビジネスプロセスの重要性の決定に役立ちます。資産のカタログを作成して優先順位を決定し、リスク課題をビジネスへの影響と結び付けるコンテンツを収集する枠組みを作成します。
  • RSA Archer リスクカタログ – 企業全体におけるリスクを記録、追跡し、防御の第一線、第二線のマネージャーが説明責任を果たす基礎を提供します。手順を確立してダッシュボードビューを提供し、経営陣が企業全体におけるリスクを理解しやすくします。
  • RSA Archer サードパーティ カタログ – 第三者との関係や約定、関連する契約だけでなく、事業部門や第三者とのやり取りにおける組織内の担当者などを記録することができます。

これらのユースケースを活用して構築していく「RSA Archer Ignition Program」から、ビジネスリスク管理プログラムを実装し、価値をもたらすサービスの数々が得られます。そうしたサービスには以下が含まれています。

  • RSA Risk Management Practice Quick Launch Services – 新たにRSA Archerを導入する組織に固定価格および実装サービスを提供します。これにより、組織は迅速かつ費用対効果の高い形でビジネスリスク管理プログラムを構築できるようになり、リスク課題の特定や管理が可能となります。
  • RSA University Education Services –新たにRSA Archerを導入する組織にベストプラクティスや、RSA Archerを活用したビジネスリスク管理プログラムの迅速な構築方法情報を提供します。

「RSA Archer Ignition Program」は、組織のGRCプログラムの成熟化を支援し、ビジネスニーズをサポートするリスク管理プログラムを作成、構築、拡張する新たなアプローチを提供します。

St. Luke’s Health SystemでITセキュリティのディレクターを務めるリード ステファン氏は、次のように述べています。「私たちは常にデータや情報を追いかけ、その結果フラストレーションがたまり、効率を下げてしまうことがありましたが、RSA Archerのおかげでその悪循環から脱出することができました。社員がデータにアクセスして迅速に取り込み、それに基づいて意思決定を行うための記録システムを手に入れることができたのです」

# # #

デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズは、企業がデジタルの未来を構築してIT環境を変革し、最も重要な資産である情報を守るために不可欠なインフラストラクチャを提供する企業が融合された、他に類のない卓越した企業ファミリーです。Fortune 500にランキングされている企業の98%から消費者まで、世界180カ国のあらゆる規模の企業およびお客様を対象にデル テクノロジーズは、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なポートフォリオを提供します。

RSAについて

RSAの「ビジネス主導型セキュリティ」 ソリューションは、ビジネス コンテキストを独自の手法でセキュリティ インシデントに結び付けることで、組織によるリスク管理や重要なアセットの保護を可能にします。RSAのソリューションでは、高度な攻撃の効果的な検出と応答、ユーザー アイデンティティとアクセスの管理、ビジネス リスク、不正行為、サイバー犯罪の削減を可能にするよう設計されています。RSAは世界中のユーザーを保護しているほか、リスクの高い不安定な領域でのビジネスの成功に向け、フォーチュン 500にランキングされる90%超の企業がRSAのソリューションを利用しています。

# # #

当資料は、2017年2月13日に米国で発表されたニュースアドバイザリーの抄訳です。 
米国資料原文:https://www.rsa.com/en-us/company/news/rsa-archer-ignition-program-accelerates-business-risk-management-strategies

記事についての連絡先

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 マーケティング部 PRマネージャ
嶋宮 知子 Tel:03-6830-3234(直通) E-mail: tomoko.shimamiya@rsa.com

共同PR株式会社 
小野、児玉 TEL 03-3571-5176 E-mail : rsapr@kyodo-pr.co.jp

# # #

© Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved. Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。