EMCジャパン、組織横断的なリスク管理を強化した「RSA Archer® Suite 6.1」を提供開始

東京発, 2017年2月6日 - 

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL: http://japan.emc.com/)は、組織横断的なリスク管理(全社的リスク管理)を中心に機能を強化した「RSA Archer® Suite 6.1」(以下、RSA Archer)の提供を開始しました。

企業活動は様々な業務で成り立っており、業務執行により発生するリスク(オペレーショナルリスク)は、事務リスク、法務リスク、システムリスク、サイバーセキュリティリスクをはじめ、多種多様かつ組織内のあらゆる業務で発生する可能性があります。しかしながら、これらのリスクに対する管理は、部門や部署ごとに個別に実施される「サイロ型」の取り組みが多く、経営層や他部門と連携し、組織横断的に取り組んでいる企業が少ないのが現状です。今後、ますますリスクの多様化が進み、リスク管理に対する説明責任が強く求められる傾向にあることから、サイロ型のリスク管理を改めて、組織横断的なリスク管理態勢の確立が喫緊の課題となっています。

「RSA Archer」はこのような課題に対し、オペレーショナルリスクを管理する「エンタープライズ&オペレーショナルリスク管理」ソリューションを新たに追加しました。「エンタープライズ&オペレーショナルリスク管理」を用いることで、顕在化したリスクと潜在的なリスクを明らかにし、発生および損害を低減するためのコントロールを組織全体のビジネスプロセスに組み込むことが可能となります。

これにより、リスク管理責任者はオペレーショナルリスクに関する測定基準の確立から警告、損失イベント(意図と異なる事象の発生)の特定までをリアルタイムで管理できるようになり、迅速かつインテリジェントに対処できるようになります。また、社員一人ひとりが関連するリスクを常時把握できるため、オペレーショナルリスク管理活動をより網羅的に維持、推進することができます。

「エンタープライズ&オペレーショナルリスク管理」の特長

業務プロセスやリスクをカタログ化(定義と一覧化)して、リスクの洗い出しや評価、リスク低減にむけたコントロールとの関連付けが可能になります。また、リスク指標や損失イベントの情報や問題管理との連携によって、リスク状況をリアルタイムに可視化できます。

「エンタープライズ&オペレーショナルリスク管理」には、特定の機能を担うユースケース(ライセンスパーツ)が下記のとおり5種類あり、ユーザーはオペレーショナルリスク管理の目的やゴールに照らし合わせて選択できます。

  • リスクカタログ : 組織全体にわたり、リスクの記録と追跡を行い、責任者を明確にします。
  • トップダウンリスク評価 : リスクとコントロールを組織全体で文書化し評価します。リスクと統制について説明責任を明確化し、指名された個人と組織に適切に割り当てます。
  • ボトムアップリスク評価  : 合併/買収、新製品、ビジネスプロセスなどをプロジェクトとして定義し、リスク評価と文書化を行います。
  • KRI管理 : 組織内の各部署に関連するKRI(主要リスクインジケーター)の測定基準を確立、監視する手段を提供します。
  • 損失イベント管理 : 実際の損失イベント、ニアミス、同業界で観測された損失イベントを捕捉してインベントリを作成します。根本原因を分析し、類似する損失が発生する可能性と影響を軽減するための措置を講じることが可能になります。

「RSA Archer」は、コントロールをビジネスプロセスに組み込むためのツールも強化しました。承認者の設定や承認条件の設定をはじめとする経路設計がドラッグ&ドロップで作成できる視覚的なワークフロー設計ツール「Advanced Workflow Designer」が新しく加わりました。

「ADVANCED WORKFLOW DESIGNER」の特長

グラフィカルなユーザーインターフェースにより、ワークフローの設計が視覚的に行え、条件による経路の分岐や入れ子、階層化を伴う複雑な設計が柔軟かつ容易に行えるようになります。

■視覚的にロジックを作成できるワークフロー設計ツール Advanced Workflow Designer

 

EMCについて

RSA ARCHERについて

RSA Archer® Suiteは、企業活動におけるGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)の活動を支援するGRCプラットフォームソフトウェアです。2011年より国内販売を行っており、金融機関を中心に導入されています。展開しているソリューションは「ITセキュリティリスク管理」、「規制/企業コンプライアンス管理」、「ビジネスレジリエンシー」、「サードパーティ統制」、「監査管理」、「公共セクター」があり、今回、「エンタープライズ&オペレーショナルリスク管理」が加わりました。

EMCジャパン株式会社について 

EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。http://japan.emc.com/

RSA事業本部について

RSA事業本部は、EMCジャパンでセキュリティ、リスク、コンプライアンス管理ソリューションを提供しています。世界中の企業が抱えている組織のリスク管理やモバイルアクセスの保護と連携、コンプライアンスの証明、仮想環境やクラウド環境でのセキュリティ確保をはじめとする複雑で慎重な対処を要するセキュリティ上の課題を解決し、お客様の事業成長を支援します。http://japan.emc.com/rsa

# # #

記事についての連絡先

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 マーケティング部 PRマネージャ  
嶋宮 知子 Tel:03-6830-3234(直通) E-mail : tomoko.shimamiya@rsa.com

共同PR株式会社 
小野、児玉 TEL 03-3571-5176 E-mail : rsapr@kyodo-pr.co.jp


© Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved. 
Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。