RSAの®ビジネス主導型セキュリティ ソリューション

比類のない可視性とインサイトで
組織がデジタル リスクを管理できるようにする

RSAのビジネス主導型セキュリティ ソリューションは、セキュリティ リーダーがデジタル リスクについて断固たる態度で行動し、取締役会レベルでの議論を強力にリードするために必要な可視性とインサイトを提供します。

White Paper

ビジネス主導型セキュリティで苦悩のギャップを埋める

ほとんどの組織でセキュリティ チームと不正行為対策チーム、そしてそれぞれの業務上の関係者が分断されているためです。理解が不足し、協調に欠ける場合、すべての関係者に現実的な不安や不快感をもたらす場合があるため、RSAではそれを「苦悩のギャップ」と呼んでいます。このホワイト ペーパーでは、入念に設計された可視性、インサイト、対応、およびコンテキストの関係性について説明します。これはRSAが「ビジネス主導型セキュリティ」と呼んでいるもので、ギャップを埋め、最も重要なものを保護するためのセキュリティやビジネスのあらゆる取り組みを支えます。

ホワイト ペーパーを入手する

Video

Business-Driven Security Webキャスト

このWebキャストは、サイバーセキュリティへの新しいアプローチが非常に重要な理由、ビジネス主導型アプローチの構成要素、RSAの統合テクノロジーとリスク管理機能がどのように連携して、エンド ツー エンドのBusiness-Driven Securityソリューションを提供するのかについて説明します。

今すぐ視聴

White Paper

困難と進歩:RSAのサイバーセキュリティとビジネス リスクに関する調査

調査結果では、セキュリティおよびリスクのリーダーたちがITセキュリティ リスクをビジネス リスクと一体化させた取り組みを進めていることを示しています。リーダーたちは、セキュリティ機能とビジネス機能の相互連携を優先し、より包括的なアプローチでサイロ化された戦略の限界を克服しようとしています。このようなアプローチは、ビジネス上の優先度と状況を主体とし、組織にとって最も重要なものを守る上で最適です。

ホワイト ペーパーを入手する

E-Book

Taming Cybersecurity Regulation Mayhem

Global 1000の企業に所属する上級セキュリティ担当幹部が、コンプライアンスの負担を軽減するために使用した3つの戦略を共有します。また、組織が矛盾するサイバーセキュリティ規制を調整するのに役立ったさまざまなフレームワークについてもご説明します。

レポートを読む

CISOと取締役会の関係を改善する11の方法

Translating Security Leadership into Board Value


この先進的なレポートには、セキュリティ リーダーと企業の取締役会が協力してビジネス主導のセキュリティというアジェンダを推進する際に、互いのコミュニケーション、コラボレーション、サイバー リスクのガバナンスを向上させるための実践的なヒントが提示されています。

ビジネス主導型セキュリティ戦略のメリット

お問い合わせ


ビジネス上の課題としてセキュリティに取り組みましょう

 

RSAは、ビジネス主導型セキュリティ戦略において最も重要な3要素(脅威の迅速な検出および対応、IDおよびアクセス管理、統合型リスク管理)を実現する唯一の企業です。RSA Business-Driven Securityソリューションの詳細をおわかりいただくために、ミーティングのスケジュールを設定いたします。

リソース

White Paper

End-to-End Visibility: The Foundation of Business-Driven Security

ビジネスにとって最も重大な脅威を検出し、その脅威に迅速に対応して影響を軽減するには、組織のIT環境全体にわたる完全な可視性が必要になります。

ホワイト ペーパーを入手する

White Paper

ID:ビジネス主導型セキュリティの重要な要素

モダンなIDおよびアクセス管理戦略がセキュリティに対するビジネス主導型のアプローチをどのようにサポートできるのかご確認ください。

ホワイト ペーパーを入手する

アナリスト レポート

ホワイト ペーパー

  • ビジネス主導型のリスク管理が苦悩のギャップを埋める このギャップを埋める解決策は、ビジネス主導型のセキュリティです。このアプローチでは、セキュリティ リスクをビジネスの文脈に当てはめることで、経営幹部と取締役による理解を促進し、対応を容易にします。
  • Business-Driven Security Thwarts Fraud in Digital Channels セキュリティ チームは、攻撃の特性、これらの攻撃への組織の露出、全体的なビジネス インパクトについて、ビジネス リーダーからの質問に答えられないと考えています。これらのチーム間に存在する分断は、「認識のギャップ」と呼ばれます。